読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爆嫁のよろよろ子育て記

一児の母が日々の子育てや美容について書いていきます

【ちふれ・美白美容液】赤と青の違いは?赤を使ってみたので選び方を教えます

美白 コスメ 美容

f:id:bakuyome:20170220015634j:plain

お手頃価格で使い続けやすいブランドのちふれ。

気になっていた美白美容液があるのですが、赤と青の2種類のパッケージがあって、どちらを使えば良いのか迷ったので、こちらにまとめてみました。

 

 

ちふれ 美白美容液VC (青いパッケージ)

美白成分安定型ビタミンC誘導体の働きで、メラニンの生成をおさえ、シミ・ソバカスを防ぐ薬用美白美容液。

サラッとした美容液が、みずみずしい肌に整えます。

 

美白成分:安定型ビタミンC誘導体 配合

肌荒れ防止成分:グリチルリチン酸2K 配合

保湿成分:ヒアルロン酸、トレハロース、油溶性甘草エキス 配合

 

価格:30ml 800円(税抜)

   詰替用  700円(税抜)

 

ちふれ 美白美容液W (赤いパッケージ)

美白成分アルブチンと安定型ビタミンC誘導体によるダブルのアプローチで、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ薬用美白美容液。

なめらかに伸びて、プルプルのお肌に整えます。

 

美白成分:アルブチン、安定型ビタミンC誘導体 配合

保湿成分:ヒアルロン酸、トレハロース 配合

 

価格:30ml 1100円(税抜)

   詰替用  1000円(税抜)

 

 

徹底して美白したいなら赤、美白と肌荒れ予防なら青!

赤の美容液には、美白有効成分のアルブチンと安定型ビタミンCの2つが入っているからダブルWなんですね。

青の美容液には、安定型ビタミンCと、グリチルリチン酸2Kという肌荒れ防止成分が入っています。

グリチルリチン酸2Kという成分は、ニキビなどの炎症を抑える作用があるそうで、ニキビケア製品にも使われているようですね。

徹底して美白をしたいなら赤の美白美容液W、美白もしたいけど肌荒れやニキビが気になるなら青の美容液VCを選ぶのが良さそうですね。

どちらの美容液も無香料・無着色・ノンアルコールなので、お肌の敏感な方でも安心して使えるのが嬉しいです。

 

ちふれ美白美容液W(赤)を1カ月使ってみた

私は、やっぱり美白効果が高い方が良いので、美白美容液W(赤)を購入して、1ヵ月使ってみました。

プルプルした透明なジェリー状のような美容液で、お肌への馴染みは良いです。

ペタペタするかなと思いましたが、馴染んだ後はべたつかず、肌の水分が長く保たれるような使用感で、保湿力はしっかりありました。

肌に少し吹き出物ができていましたが、特に刺激も感じませんでした。

 

美容液Wの美白効果は?

使い始めて1カ月なので、まだはっきりとした美白効果はわかりませんが、顔のくすみが少し抜けて明るくなったような気がしています。

美白化粧品は、数カ月使い続けないと効果が分からないので、買いやすいお手頃価格なのが嬉しいです。

詰め替えのリフィルも販売されているので、エコだし良いですね。

しばらく使ってみて、しっかり美白ケアしていきたいです。