読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

爆嫁のよろよろ子育て記

一児の母が日々の子育てや美容について書いていきます

キックスリーとストライダーを比べてみました!

育児グッズ

我が家では、息子の2歳の誕生日にミニマイクロ・キックスリーをプレゼントしましたが、誕生日ギリギリまでキッススリーとストライダーどちらにしようか迷っていました💦

近所の公園では、この2つのどちらかに乗っている子どもをよく見かけるので、どちらも人気なのだと思います

キックスリーとストライダー、どちらも魅力的ですが、違いをまとめてみました!

ミニ・マイクロ・キックスリー・スタンダード

・対象年齢:1.5~5歳

・重量:1.5kg

・耐荷重:サドル付(20kg)

  サドルなし(35kg)

・価格:15,800円

<使い方>

成長に合わせて3段階に変化

①歩けるようになった生後18ヵ月頃から5才までは、サドル付きのキックボードとして使用

②慣れてきたら、サドルをはずして小さめのキックボードとして

③O型ハンドルをT型ハンドルに付け替えて、キックボードに変身!

<特徴>

バランス感覚と運動神経の向上に役立つよう、スイスの医療専門家の協力を得て開発されたそうです。

特許を取得した「リーン&ステア構造」により、体重移動で左右に曲がります。

後輪の「スプーン・ブレーキ」で、スピードを簡単に調節できます。

子どもが誤って自分にぶつけても安心な、軽くて柔軟性のある強化プラスチック素材(ポリプロピレン)をデッキに使用。

重量はわずか1.5kgなので3才のお子様でも無理なく扱えます。

ハンドル部分が簡単に取り外せて、ベビーカーや自転車のかごなど狭いスペースに収納できます。

<個人的な感想>

小さい子どもでも、すぐに乗りこなすことができ、扱いやすい点が気に入りました。

子どもを連れて公園に行くだけでも、荷物が多く、子どもはあっちこっちに行くので、軽くてベビーカーにも入るサイズは便利です。

ストライダークラシックモデル

対象年齢:2~5歳

重量:2.9kg

体重制限:27kg迄

価格:10,900円

<使い方>

足で地面を蹴って、直感的にコントロールができます。

子どもには使いづらいペダルとブレーキをなくしたストライダーなので、ハンドルで方向転換し、足を使って漕いだり止まったりします。

<特徴>

ストライダーは自立しないので、自分でバランスを取りながら繰り返し遊んでいるうちに、バランス感覚や集中力が高まり、脳の活性化にも有効な働きをもたらすと言われているそうです。

危険を察知した時に、足でしっかり止まれるよう、3.0kgと軽いつくりになっています。

<個人的な感想>

ストライダーに乗っていると、自転車に乗るようになった時、補助輪なしですぐに自転車に乗れるという話をよく聞きます。

2つを比べてみると、ストライダーの方がバランス感覚が鍛えられそうだなという印象を持ちました。

ただ、重量が3Kgほどあるので、ママが一人でストライダーを持った上に、子どもの手を引き、荷物を持つのは難しいと感じました。

また、ストライダーは自立しないので、玄関に置くとけっこう場所を取ります。専用のスタンドもあるようですが、スタンドを使っても場所を取るみたいです。。

使用する場所や住環境などによって、選ぶポイントは違ってくると思いますが、

どちらを選べば良いか迷っている方に、少しでも参考になれば嬉しいです